笑っていればきっといいことあるさ

自分のクレジットカードを


木曜日, 5月 22nd, 2014

クレジットカードを作ったのは20歳になるかならないかの頃でした。両親はいつも現金で買い物をし、友人の多くは学生だったのでカードを持っている人は少なくカードで決済する身近な人間はいませんでした。接客業をしていたのでお客様のカードのお会計は何度もしていましたが自分はカードを持っていなかったのでネットのサイトクレジットカードおすすめ大学生で作ってもカードを使う事はめったにありませんでした。

社会人生活にも少し慣れてきた頃、ひょんなことからカードを作る機会があり初めて自分のクレジットカードを手にしました。しかし、なかなか使う勇気が無くレジでカードを出そうと思っても自分から先に一括払いでといった方がいいのか、それとも聞かれてからのほうがいいのだろうか、そもそも一括払いといった方がいいのか一回払いといったほうがいいのかなんてことを考えてるうちにお会計の順番がきてまとまらないまま結局現金払いをしていました。良く考えれば自分が職場でお客様のお会計の時、一括だろうが、一回だろうが、先に言おうがあんまり関係ないのにいざ自分で使おうと思うとなかなか使えないでいました。でも心の中では使ってみたいという想いが強く結局自分の職場で退勤後に私物を購入するのに初めて使いました。あの時はすごく大人になった気分でした。今考えればくだらない事ですが当時の心境は今でも鮮明に覚えています。

Comments are closed.